2010年06月16日

6/15更新分目次

哲学書評
「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)
私家版哲学事典
「大学院」
posted by 三好 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(1)

「ヴァーチャルの意味」
奥田太郎「リアルとヴァーチャル――情報技術社会の哲学としての情報倫理」(中岡成文編『岩波講座哲学 4 (4) 知識/情報の哲学』岩波書店(2008) pp. 159-177.)


内容

はじめに
一 リアル/ヴァーチャルという二分法を捉え直す
1 レヴィのヴァーチャル論
2 情報技術の融合
二 ユビキタス社会における善き生を模索する
1 フロリディの情報倫理基礎論
2 アーキテクチャと情報リテラシー
むすび

(リンクはAmazonです。ページ数のみの注記は『岩波講座哲学04知識/情報の哲学』からです。)
続きを読む
posted by 三好 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(2)

両軸間のダイナミズムにおけるヴァーチャル化は、人間性の成立に大きく関わっている。続きを読む
posted by 三好 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(3)

レヴィの枠組みに即して言えば、ウェブ+ウェアラブル+ユビキタスという技術融合(WWU技術)は、現実世界の情報化を果たすポシブル/リアル軸の新たな運動である。続きを読む
posted by 三好 at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(4)

2

レッシングは、情報世界において最も効果的な規制を可能にするのはプログラム(コード)というアーキテクチャであると指摘した。続きを読む
posted by 三好 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(5)



1

本論文は表現が平易で内容も一貫しており、哲学の論文としては非常に読みやすい。続きを読む
posted by 三好 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(6)

付け加えれば、著者はレヴィを紹介しつつも、その考えに深くは賛同していないように見える。続きを読む
posted by 三好 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴァーチャル」の意味(奥田太郎「リアルとヴァーチャル」)(7)

3

本論文の結論と途中の議論がつながっていないということは上で述べたが、特にフロリディの情報倫理は紹介しただけでまったく全体の論旨に生かされていない。続きを読む
posted by 三好 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大学院」(私家版哲学事典)

大学院(だいがくいん)

勉強好きな大学生を生涯失業者にすることで報酬を得る、あり得ない機関。

posted by 三好 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私家版哲学事典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

6/1更新分目次

哲学書評
制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)
パーソナル格言集
「小さな社会の……」
posted by 三好 at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 内容・目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(1)

制度と変化のメカニズム
松葉祥一「知の制度化――メルロ=ポンティの構造主義批判」
(中岡成文編『岩波講座哲学 4 (4) 知識/情報の哲学』岩波書店(2008) pp. 141-158.)

内容

一 「制度化」と「具体哲学」
二 相対性の普遍性
三 「設立」と「沈殿」
四 偶然性目的論
結語

(書名からのリンクはAmazonです。また、ページ数のみの参照は『岩波講座哲学04知識/情報の哲学』です。)続きを読む
posted by 三好 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(2)



この草稿の結論部分で、メルロ=ポンティはレヴィ=ストロースの『親族の構造』について、「社会的存在や基本的諸構造(親族関係や言語)が実在論的に把握される」「一種の実在論的哲学」が前提になっていると考えた。続きを読む
posted by 三好 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(3)



このように構造主義がはらむ知と制度のパラドックスは、時間の脱自構造を前提とする制度化によって解消される。続きを読む
posted by 三好 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(4)



1
本論文はメルロ=ポンティの草稿から「制度化」という概念を紹介している。続きを読む
posted by 三好 at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(5)

著者はメルロ=ポンティのこのような制度化概念の基礎として、ソシュールの「パロール」やフッサールの「設立」と「沈殿」を提示している。続きを読む
posted by 三好 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(6)

哲学文献上の詮索を離れ、それ自体について論理的に考えても、メルロ=ポンティの「制度化」を構造主義的な前提と整合的に理解するのは困難である。続きを読む
posted by 三好 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制度と変化のメカニズム(松葉祥一「知の制度化」)(8)

最後の疑問点は、結語になってそれまでに出ていなかったいくつかの観念が、論述に持ち出されていることである。続きを読む
posted by 三好 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小さな社会の……」(パーソナル格言集)


小さな社会の世間知は大きな社会の世間知らずでもある。


posted by 三好 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル格言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。