2011年02月16日

2/1・15合併更新分目次

哲学書評
哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)
パーソナル格言集
「ベストセラーに……」
私家版哲学事典
「比喩」
posted by 三好 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 内容・目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)(1)

哲学の非歴史性
中畑正志「名づける、喩える、書き換える」
(『岩波講座 哲学〈1〉いま“哲学する”ことへ』岩波書店(2008) pp. 3-29.)
(リンクはAmazonです。)

内容

一 何を名づけるのか
二 心の能動‐受動という「メタファー」
三 「堪え忍べ、わが心臓よ」
四 プラトン――能動‐受動はいかにして魂について語られるのか
五 アリストテレス――魂のはたらきはなぜパトスなのか
六 心の人文学、そして心の哲学へ向けて
続きを読む
posted by 三好 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)(2)


6西欧古代以来の情念・感情の理解は、心のはたらき、とりわけ感情を受動的なものとして表現していた。続きを読む
posted by 三好 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)(3)


15アリストテレスは、プラトンの知見を継承しながら独自の理論的展開を行った。続きを読む
posted by 三好 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)(4)



0
本論文は、古代ギリシア語で心や心的活動を表す表現を調べ、プラトンやアリストテレスにおいてはデカルトと違い心の「能動・受動」という表現がメタファーでなかったことを指摘しつつ、アリストテレスを踏まえた心についての一人称的な見方と三人称的な見方の統合の可能性を探り、心の哲学的な研究における歴史学的アプローチの重要性を強調するものである。続きを読む
posted by 三好 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哲学の非歴史性(中畑正志「名づける、喩える、書き換える」)(8)

4
4-1
最後に、その他の疑問点について。続きを読む
posted by 三好 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベストセラーに……」(パーソナル格言集)

ベストセラーに良書なし。

posted by 三好 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル格言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「比喩」(私家版哲学事典)

比喩(ひゆ)

正確に考える手間を怠る人が多用する説得術。

posted by 三好 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 私家版哲学事典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

2/1更新分について

多忙のため、2/1更新分は2/15更新分と合併させてアップします。
よろしくご理解ください。
posted by 三好 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 動静 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。