2011年10月17日

通算第45回更新分目次

動静
「今後の更新について」
哲学書評
「間・交通・生成・芸術・成仏」
(篠原資明「あいだ哲学論考」)
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)
コラム
Vistaパソコンのデータ復旧
パーソナル格言集
本気で……
posted by 三好 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 内容・目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の更新について

当ブログはこれまで月2回更新の予定で運営してきましたが、今後は諸事情(主な理由は一回分の記事の量が増えたこと)により不定期更新にしたいと思います。よろしくご了承ください。
posted by 三好 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 動静 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(1) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

間・交通・生成・芸術・成仏
篠原資明「あいだ哲学論考」
(『岩波講座 哲学〈1〉いま“哲学する”ことへ』岩波書店(2008) pp. 182-203.)

内容

一 淋しさが押し寄せてくる
二 無常と生成
三 新たな風雅論へ
四 風雅モダニズム
五 成仏と生成


評者による要約([]内は評者によるコメントまたは補足です。)
続きを読む
posted by 三好 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(2) (篠原資明「あいだ哲学論考」)


「さびしさ」は、他者とのまじわりから断ちきられたときの孤独感、そして過去から断ちきられたときの無常感を意味する。続きを読む
posted by 三好 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(3) (篠原資明「あいだ哲学論考」)


明治以前の日本で複数の芸術ジャンルを包括する語は風雅の語であった。
続きを読む
posted by 三好 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(4) (篠原資明「あいだ哲学論考」)


芭蕉は西行の「とふ人も……」という歌について「さびしさをあるじなるべし」と解している。続きを読む
posted by 三好 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(5) (篠原資明「あいだ哲学論考」)



0
本論文は、人間の存在にとって存在と無に対する関係よりも現在と過去に対する関係を重視する立場から、続きを読む
posted by 三好 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(6) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

1-2-2
第二に、著者の論述とは異なり、「間」は常に2つの項をとるとは限らないからである。続きを読む
posted by 三好 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(8) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

2-2-3
それから、分類のきめ細かさが十分かという問題もある。続きを読む
posted by 三好 at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(9) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

3
3-0
以上は著者の原理論についての疑問点であったが、次に本論文の個別の論点について吟味していきたい。続きを読む
posted by 三好 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(10) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

3-2
第二に、風雅つまり芸術は自然を友として新しみつつさびしむことだという主張は、「さびしむ」や「新しむ」の意味が不明確である。続きを読む
posted by 三好 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(11) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4
4-0
本論文の特徴的な点は、交通論の観点から存在と無の間と過去と現在の間を対比して、生成そして成仏について独自の見解に至っていることである。続きを読む
posted by 三好 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(12) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-2
4-1-2-1
一方、著者は過去と現在の間の生成について次のように述べる。
続きを読む
posted by 三好 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(13) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

b
本論文には〈いま〉と〈かつて〉がなぜ、あるいはどういう意味で、共時的なのかについての他の手がかりはないようである。続きを読む
posted by 三好 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(14) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-2-3
a
本論の過去と現在の間の生成の問題に戻る。問題にしている箇所を再掲する。
続きを読む
posted by 三好 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(15) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-3-2
a
著者はその見方をさらに現代美術にも当てはめて、次のように主張する。
続きを読む
posted by 三好 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(16) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-2
4-2-1
4-2-1-1
次に、著者の独自性がかなり強い、成仏についての考え方を検討してみたい。本論文の結論的な部分で、次のように著者は成仏についての議論を始める。
続きを読む
posted by 三好 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(17) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-2-2
4-2-2-1
さて、成仏についての記述は次のように続く。
続きを読む
posted by 三好 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(18) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-2-3
本論文の最後に、三つ目の成仏が次のように言及されている。
続きを読む
posted by 三好 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vistaパソコンのデータ復旧

今となっては遠い思い出だが、今年7月中旬に私のパソコンがとうとう動かなくなった。OSはWindows Vista、機種はT社のDシリーズの安いもので、長らく不調をだましだまし使っていたが、ある日突然スタートアップ復旧で大量のオーファン・ファイルが発見され、それ以後は起動直後にフリーズするようになってしまった。続きを読む
posted by 三好 at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本気で……」(パーソナル格言集)


本気で敬語を使ってはならない。人はみな対等だ。

posted by 三好 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パーソナル格言集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。