間・交通・生成・芸術・成仏(9) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

3
3-0
以上は著者の原理論についての疑問点であったが、次に本論文の個別の論点について吟味していきたい。続きを読む
posted by 三好 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(10) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

3-2
第二に、風雅つまり芸術は自然を友として新しみつつさびしむことだという主張は、「さびしむ」や「新しむ」の意味が不明確である。続きを読む
posted by 三好 at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(11) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4
4-0
本論文の特徴的な点は、交通論の観点から存在と無の間と過去と現在の間を対比して、生成そして成仏について独自の見解に至っていることである。続きを読む
posted by 三好 at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(12) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-2
4-1-2-1
一方、著者は過去と現在の間の生成について次のように述べる。
続きを読む
posted by 三好 at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(13) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

b
本論文には〈いま〉と〈かつて〉がなぜ、あるいはどういう意味で、共時的なのかについての他の手がかりはないようである。続きを読む
posted by 三好 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(14) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-2-3
a
本論の過去と現在の間の生成の問題に戻る。問題にしている箇所を再掲する。
続きを読む
posted by 三好 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(15) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-1-3-2
a
著者はその見方をさらに現代美術にも当てはめて、次のように主張する。
続きを読む
posted by 三好 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(16) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-2
4-2-1
4-2-1-1
次に、著者の独自性がかなり強い、成仏についての考え方を検討してみたい。本論文の結論的な部分で、次のように著者は成仏についての議論を始める。
続きを読む
posted by 三好 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間・交通・生成・芸術・成仏(17) (篠原資明「あいだ哲学論考」)

4-2-2
4-2-2-1
さて、成仏についての記述は次のように続く。
続きを読む
posted by 三好 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。